FC2ブログ



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小山市西口インドカレー「ヤスズカレー」3回目の訪問です

ここ一年の間で三回訪問するお店は他にないので
小山市の中ではかなりお気に入りのお店になります。
行く度に微妙にサービス内容が違っているのが気になりますが
味は安定しているので困ったときはここで食べることにしています。

駅近くなのでここでご飯を食べて
駅中のドンキで買い物をして
マンションに向かうというパターンもあります。

やすずかれー

今回はお土産ナンを貰うためのクーポンが見つからなかったので
残念ながらお土産なしでした。。



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
[ 2013/09/17 18:05 ] 小山市インドカレー屋 | TB(0) | CM(0)

小山市インドカレー「ヤスズカレー」2回目の訪問です

個人的には都内のインドカレー屋よりも美味しいと思っている
ヤスズカリーを再訪してきました!

当マンションからは歩いて10分くらいのところにあります。
駅の反対側なので駅を超えるとあと1分くらいかかります。
ドアトゥードアだと11分と言うところでしょうか。

小山5

今回も満足のお味でしたが
それよりも満足したのは
お土産のナン!!

地域雑誌の中にあるクーポンを出すと
お土産用にナンを一枚くれるのです!!

小山6

ナンなんか家で食べてもどうなのかな?
と正直思っていたのですが
家に持ち帰って冷めたのを食べてみてびっくり!

予想以上に美味しかったのです。
クッキーみたいな味でパクパク止まりませんでした。。

次回からもお土産ナンを貰うために
クーポンを忘れないようにしないと!!


人気ブログランキングへ
[ 2013/09/17 17:54 ] 小山市インドカレー屋 | TB(0) | CM(0)

「パークカレーハウス」小山駅東口駅前インドカレー


管理人が一番好きだった東口駅前のインドカレー屋が閉店した
と言う記事は以前他のインドカレーの記事で書きました。

なんだか名残惜しかったので時々お店の前を通るのですが笑
なんと、またお店がやっていました!!

メニューを見てみると内容が以前と変わっているので
もしかしたら経営者が変わったのかな、なんて思いましたが
せっかくなのでランチはこちらでとることにしました。

このお店は以前もそうだったのですが従業員は一人なんです。
注文とるのも料理をするのも同じ人。
経営方針が一緒だから経営者は同じかもしれませんね。

注文をとりに来た人を見たら変わっていたので
従業員が変わったのかもしれません。

メニューの中にあまりインドカレーでは見たことのない
ビーフカレーがあったのでそれを選択。

インドカレー

こうやってナンが二つに切られて出てくるインドカレーは
初めてだったので新鮮でした。

お味のほうは僕は以前の方が好きですが
一種類のメニューだけでは判断できないので
今後もう少し通ってみようと思います。
[ 2013/02/03 11:05 ] 小山市インドカレー屋 | TB(0) | CM(0)

小山駅西口インドカレー屋「ヤスズカリー」

小山駅西口駅前にあるインドカレー屋「ヤスズカリー」に行ってきました。

管理人は以前東口にあったインドカレー屋が好きだったのですが
最近閉店してしまったのかお店がなかったので
初めてこちらの西口のお店を訪問してみました。

事前調査として食べろぐを見てみると口コミの評判は3点前後で
たいして高評価ではないので正直それほど期待せずに訪問。

お店の中はお客さんがゼロ。
お店の前を今まで何度か通ったことはあるのですが
確かいつもお客さんが全くいなかったのを思い出しました。

平日のランチメニューから
チキンカレーセットを注文してみました。
スタンダードでベーシックなカレーなので。
おやまかれー1
680円でドリンク付き。

実はこのお店を訪問する数日前に
有楽町でもインドカレーを食べたのですが
そこのインドカレーよりもお値段が安い上に
味は数段上でした。

おなじチキンカレーなのですがこちらのインドカレーは
しっかりとたまねぎをいためてルーを作っているので
味にこくとうまみがあるのですが
有楽町のお店は単なる水みたいなカレーでした。

インドのどの地方の料理なのかによって違いはあるのでしょうが
管理人は有楽町のインドカレーよりもこちらのインドカレーを
確実に好みます
[ 2012/10/04 12:03 ] 小山市インドカレー屋 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。